PUC 斜面受圧板協会
斜面受圧板協会ホームページ トップへ 斜面受圧板協会「協会案内」ページへ 斜面受圧板協会「技術情報」ページへ 斜面受圧板協会「ダウンロード」ページへ 斜面受圧板協会「Q&Aコーナー」ページへ 斜面受圧板協会「会員名簿」ページへ 斜面受圧板協会「お問い合わせ」ページへ
斜面受圧板協会 お知らせ

HOME  


平成19年8月3日

新潟県中越沖地震による被災状況調査報告

 平成19年7月16日午前10時13分頃、新潟県中越沖を震源とするM6.8の強い地震が発生し、柏崎市、刈羽村、長岡市などで震度6強の揺れが観測されました。
 斜面受圧板協会では調査チームを現地に派遣し、PUC受圧板やクモの巣ネットの施工箇所を点検するとともに、斜面などの被災状況を調査いたしました。

 今回の地震で亡くなられた方々には謹んで哀悼の意を表するとともに、被災された方々には心よりお見舞い申し上げ、被災地の1日も早い復興をお祈りいたします。
 また当協会の工法が、被災地の復旧や二次災害防止、災害防除に少しでもお役に立てれば幸いと存じます。

 
【遠景】上部斜面に表層崩壊が見られるが、受圧板設置範囲は異常なし

【遠景】

上部斜面に表層崩壊が見られるが、受圧板設置範囲は異常なし。
【近景】受圧板設置範囲はメドハギなどの植生に覆い隠されている。

【近景】

受圧板設置範囲はメドハギなどの植生に覆い隠されている。
【受圧板頭部】点検した範囲では、受圧板そのものに異常は見られなかった。

【受圧板頭部】

点検した範囲では、受圧板そのものに異常は見られなかった。
     
 概要

調査概要

 斜面受圧板協会調査チームは、PUC受圧板やクモの巣ネットの施工箇所を点検するとともに、柏崎市、刈羽村、長岡市の被災地を中心として斜面の被災状況を調査いたしました。

調査結果

・点検箇所 柏崎市栃ヶ原ダム PUC受圧板 NPC250-35 68基 異常なし(写真)
小千谷市天納 クモの巣ネット 150u 異常なし
・調査箇所 柏崎市 28箇所 表層崩壊22箇所 地すべり1箇所
のり面工破壊3箇所 その他2箇所
刈羽村 2箇所 表層崩壊1箇所 地すべり1箇所
長岡市 地すべり1箇所(復旧済み)

考察

 全体として、自然斜面の表層崩壊が多くみられました。のり面工の多くは崩壊を免れていますが、モルタル吹付などののり面工の破壊(写真1・柏崎市椎谷地区)や崩壊(写真2・柏崎市番神2丁目)箇所については、より早い復旧が望まれます。
 当協会としては、「クモの巣ネット工法」のように施工が早く簡便で、モルタル吹付工と同等以上の機能を有する工法による復旧を推奨します。

【写真1・柏崎市椎谷地区】
 

【写真2・柏崎市番神2丁目】

 

▲ページの先頭へ

 
 

斜面受圧板協会ホーム協会案内技術情報ダウンロードQ&A会員名簿お問い合わせ

Copyright © 2004-PUC. All Rights Reserved.